MODE『城』(作=カフカ、演出=松本修)
3/14(木)〜20(水・祝) あうるすぽっと 4,500円
松本修が新国立劇場で手がけた作品を、自らのカンパニーの公演として改訂上演する作品。目的地の城に辿り着けない主人公Kに今の我々は何を見出すのか?

オフィスコットーネプロデュース『生憎』(作=大森寿美男、演出=扇田拓也)
3/27(水)〜31(日) 下北沢ザ・スズナリ 4,200円
今や売れっ子脚本家となった大森寿美男が書き下ろした台本を、てがみ座などの演出でメキメキ実力を発揮して来た扇田拓也が手がける注目作。

山の手事情社『ひかりごけ』(原作=武田泰淳、構成・演出=安田雅弘)
3/21(木)〜29(金) 御茶ノ水・ 文化学院 講堂 4,300円
かつて番外公演として安田雅弘と倉品淳子が共同演出でシルバーエイジの素人の女性を使って上演ことのある『ひかりごけ』。今回は安田が男優陣を使ってどれだけ強度の高い舞台になるのか期待。

柾木博行