Archives for 公演評

トップショーケース

現代演劇と「伝統演劇の水脈」――明日海(あすみ)りおの凄絶な美貌の亡魂 宝塚歌劇花組『金色(こんじき)の砂漠』/天野道映

世界がジェンダーについて中立的でない以上、男と女は常にホーム…
続きを読む »
トップショーケース

「人は過ぎ去った恋を悔やみながら生きていく」:鵜澤久(うざわひさ)が舞う復曲夢幻能『松浦佐用姫(まつらさよひめ)』――夢幻能と夢を見る者―― /天野道映

歌川国芳「松裏佐用姫」『賢女烈婦傳』より。大英博物館。一部。…
続きを読む »
トップショーケース

宝塚歌劇宙組『 エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド)―』:美貌と悲劇のオーストリア皇后エリザベートの生涯を宝塚は少女漫画の文脈で読み直した/天野道映

ウィーン・ミュージカルの日本初演20周年。美貌と悲劇のオース…
続きを読む »
トップショーケース

イディオ・サヴァン、死者の怒り、そしてかすかな希望――『傾いでいる、筆先に佇てなんていうものだから。つまり、転んでいよう、人生が。』(作・演出・振付:恒十絲)評 /新野守広

IDIOT SAVANT  『傾いでいる、筆先に佇てなんてい…
続きを読む »