アーカイブ: 公演評 - ページ 3

天野道映

宝塚歌劇宙組『 エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド)―』:美貌と悲劇のオーストリア皇后エリザベートの生涯を宝塚は少女漫画の文脈で読み直した/天野道映

ウィーン・ミュージカルの日本初演20周年。美貌と悲劇のオース…
続きを読む »
新野守広

イディオ・サヴァン、死者の怒り、そしてかすかな希望――『傾いでいる、筆先に佇てなんていうものだから。つまり、転んでいよう、人生が。』(作・演出・振付:恒十絲)評 /新野守広

IDIOT SAVANT  『傾いでいる、筆先に佇てなんてい…
続きを読む »
天野道映

宝塚の男役が今の日本を語っている。「逆刃刀(さかばとう)は不殺の誓い」--宝塚歌劇雪組『るろうに剣心」』/天野道映

宝塚歌劇雪組『るろうに剣心』 早霧せいな ©宝塚歌劇団 禁転…
続きを読む »