MODE『あなたに会ったことがある』(原作=F.カフカ、構成・演出=松本修)
11/15(火)〜 20(日) 笹塚ファクトリー 3,500円
カフカの短編でスケッチ風に綴る新作は、オーディションで選抜した若手を起用するという。今後のMODEの新しい方向性が見えてくるかも気になるところ。
燐光群『たった一人の戦争』(作・演出=坂手洋二)
11/18(金)〜 28(月) 座・高円寺1 4,000円
今年『推進派』『帰還』『普天間』と戦後の日本が解決を先延ばしにしてきた問題を精力的に書き続けた坂手。最後にもってきたのは放射性廃棄物の問題。自身の劇団での公演とあってどれだけ斬新な手法で描くのかも注目。
青年団『ソウル市民五部作連続上演』(作・演出=平田オリザ)
10/29(土)〜 12/4(日) 吉祥寺シアター 各3,500円
平田オリザの代表作が新作2本を加えて完結。ポストコロニアリズムの視点から比較ができる『サンパウロ市民』は押さえておきたいところ。
柾木博行