『1924 海戦』(作=ゲオルグ・カイザー、演出=やなぎみわ)
11/3(木)〜6(日) 神奈川芸術劇場 大スタジオ(日本大通り) 1,000〜3,500円
京都在住の美術家がなんと築地小劇場の柿落とし公演のドイツ戯曲に挑む。この秋最大の話題作か?
『砂の駅』(作=太田省吾、演出=キム・アラ)
11/3(木)〜6(日) 世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)4,000〜6,000円
太田省吾が海外のアーティストと共同作業した「沈黙劇」を韓国人演出家が上演する。
Uフィールド『トラベラー 旅する人々』(原作=太田省吾、演出=井上弘久)
11/10(木)〜 13(日) 川崎アートセンター アルテリオ小劇場(新百合ヶ丘) 2,500〜3,700円
沈黙劇で知られる太田省吾の台詞劇に興味を抱いた演出家が、あえて言葉の世界に挑む。
西堂行人