Print Friendly, PDF & Email

 

はじめに

 宝塚歌劇団が『チェ・ゲバラ』を上演する。このあまりにも似つかわしくない取り合わせに当初は驚き、そして作・演出が気鋭の原田諒であることを知り、妙に納得し、さらに轟悠のポスターを見て、胸を躍らせたのはなにも私一人ではあるまい。政治を語ることをことさらに遠ざけ、タブー視しているとすら思える宝塚歌劇団のなかで、稀代の男役轟悠を起用し、この不可能とも思える取り合わせを可能にしてしまう原田諒にこそ、現在の宝塚歌劇団の最前線がある。そこには単に英雄としてのチェ・ゲバラではなく、常に民衆とともにあった一人の革命家の姿が丁寧に、そして現代の世界の政治状況に踏み込まんばかりに刺激的に描かれていた。

エルネスト・ゲバラ(轟悠) ©宝塚歌劇団 (禁転載)

1 革命と恋愛――エルネストとアレイダ/ルイスとレイナ

 開演前、緞帳はすでに上がり、舞台中央にはキューバを中心にアメリカ、メキシコの地図が示されている。特にメキシコとキューバはこの作品の主人公であるエルネスト・ゲバラ(轟悠)とフィデル・カストロ(風間柚乃)が出会い、ともにキューバ革命(1958)を起し、そして別れる場所だ。

 暗転しプロローグは2019年のキューバの首都ハバナの街角。上手の壁にはエルネスト・ゲバラのポスターが大きく貼られている。その前を観光客らしき若者が通りかかり、スマホでゲバラのポスターを撮っている。どこにでもあるのどかな観光地の風景だ。ポスターに描かれているのは★マークのベレー帽をかぶったゲバラのイラスト。日本でもTシャツにプリントされ、街中で若者が着ているのをよく見かける。原田諒の演出はこのようにファッションと化した革命家を冒頭で印象づけ、現代の観客が抱く「チェ・ゲバラ」のイメージを短時間ながら丁寧になぞってくれる。

 その後、舞台は一気に1950年代初頭、フルヘンシオ・バティスタ(光月るう)独裁政権下のハバナのとあるホテルのキャバレーへとさかのぼる。そこではバティスタがニューヨーク・マフィアの大物マイヤー・ランスキー(朝霧真)と密談をしている。光月るうが権力者の不遜な態度と、金を前に屈服する二面性を見事に表現し、そこからアメリカのキューバ支配と、この時期のキューバ政府の腐敗を読み取ることができる。また、この二人の会話に並行してキャバレーのダンサーのレイナ(晴音アキ)とバティスタの側近ルイス・ベルグネス(礼華はる)の出会いが描かれる。この二人はのちに恋人同士となる。ルイスはバティスタの側近でありながら、彼の独裁政治に疑問を抱いているようだ。

 このようなキューバの現状と人間模様が描かれたあと、舞台はメキシコシティへと移る。ブエノスアイレスで医師になりながらも、ペロン政権下(ロイド・ウェバー『エビータ』に登場するあのペロンである)で富裕層ばかりに目を向け、民衆に寄り添わない医療の現状に苛立ち、メキシコシティへとやって来たエルネストと、キューバから国外逃亡したフィデルが偶然にも出会う。民衆への愛と政治を語るうち二人は意気投合する。そしてともに革命を志すべくエルネストはフィデルが率いる地下組織に加わり、メキシコシティ郊外のサンタ・ロサ農場でゲリラ戦の訓練を開始する。やがてリーダーとしての頭角を現わしていくエルネスト。彼らは小さな船グランマ号でキューバ国土への上陸を果たし、さらにマエストラ山中で潜伏活動をするようになる。

 エルネストとフィデルが出会ってゲリラ活動に突入して以後は、ほぼ全員が軍服に身を包み、銃を片手にした姿である。この軍服は衣装として作られたものではなく、本物を着用しているため、舞台から遠目に見てもわかるほつれ具合は、ゲリラ戦のリアルさをごく自然に観客に訴えかけてくる。加えて農場での訓練や山中での潜伏活動といった地味な場面展開もあいまって、異様なまでの泥臭さが舞台全体をおおう。

 これはトップスターとトップ娘役で、きらびやかな演出とともに恋愛物語を紡ぎ出す宝塚歌劇団においては非常に稀な展開である。このようななかで敢えて語られる恋愛関係について指摘すれば、エルネストとアレイダ・マルチ(天紫珠李)の関係、先述したルイスとレイナの関係である。しかし、この2組の恋愛関係がいずれも作品の主題にはなっていない・・点が重要だ。

 エルネストはゲリラ活動の軍資金を調達したアレイダとトルキノ山頂で知り合い、のちに結婚する。しかしこの二人はお互いの関係をドン・キホーテと(ドルシネイア姫ではなく)サンチョに例えている。それゆえこの二人の関係は、恋愛関係というよりはともに革命という大きな風車に立ち向かう同志という点に重きが置かれている。第2幕では後述するように、国連総会での演説の直前と、キューバを出国しボリビアに向かう場面でエルネストとアレイダの二人だけの場面があるが、これらの場面でのナンバーはいずれも二人の恋愛よりもエルネストの革命についての理想が歌われている。さらに宝塚歌劇団定番のロマンチックな場面は極力避けられている。つまりこの二人の関係から語られるのは、恋愛よりもむしろエルネストが抱く革命へのあくなき執念なのである。

 このような関係性はルイスとレイナにも当てはまる。第1幕幕切れは、マエストラ山脈で農夫ギレルモ・ガルシア(輝月ゆうま)らを加え、大人数となったゲリラ部隊と市民によるハバナ街頭での革命である。エルネストとフィデルを中心に展開されるダンスと歌唱は圧巻で、これまでのバティスタ独裁政権に対する民衆の不満と、新政府樹立の喜びを力いっぱいに観客に見せつける。

 このような激しい革命運動と同時に描かれているのが、ルイスとレイナの関係である。キューバ革命の直前の場面で、独裁政権への欺瞞に不満を募らせたルイスは、その怒りをバティスタ本人に叩きつける。そして彼はハバナでの革命勃発の知らせとともに、バティスタによって銃殺されてしまう。その直後に舞台は先述の革命の場面になる。舞台では中央でゲリラ部隊の蜂起を描くと同時に、上手ではレイナが恋人ルイスの遺体を抱きながら号泣している。

 ここではともすると革命と恋愛という全く別の次元の物語が舞台上で展開されているように見える。しかし、バティスタの独裁に不満を抱いていたルイスは、レイナの兄ミゲルを通じて、政府の重要な情報をゲリラ部隊に提供していたことからもわかるように、民衆による革命と、ルイスとレイナの恋愛は密接に関係していたのである。つまりルイス、レイナ、ミゲルという3人がバティスタ政権と民衆をつなぐように設定されることによって、革命と恋愛の物語が関連付けられ、同時に語られることになるのだ。

2 現代の政治へ――キューバ革命とその後の世界

 このように第1幕では革命と恋愛がひとまずは関連付けて語られていたが、この作品の特徴は、第2幕で極端なまでに革命が焦点化されていくという点である。第2幕冒頭、首相となったフィデルと国立銀行総裁となったエルネスト、彼の秘書をしているアレイダ、それぞれの革命後の置かれた状況が描かれる。そののち、新聞記者ハーバート・マシューズ(佳城葵)によって、ソ連の核ミサイル基地建設と、それに対するアメリカのカリブ海の海上封鎖といったキューバ危機の様子がスクリーンを使って簡潔に説明されていく。このような状況説明のあと、キューバの政治にはどのような権力の介入も許さず、常に民衆の側に立つエルネストと、外交関係のバランスを重視するフィデルとの対立が克明に描かれる。この二人の対立は、結局エルネストが全ての役職を捨てキューバを去り、ボリビアへ向かうことで決着を見ることになる。

 このような革命後の緊張した国政を描く中で、クライマックスとなるのは、アメリカの経済政策を批判し、キューバ国内の窮状を訴えるエルネストの国連総会での演説だ。歴史的事実をたどれば、これは1964年12月11日ニューヨークの国連総会でのことで、エルネストの演説の中でもとりわけ名演説との誉れが高い。

 この場面ではエルネストが一人、舞台に登場する。舞台装置としては演台があるのみで、照明もそこに立つエルネストを当てるだけだ。やがて真の独立と平和を願う力強いナンバーが歌われたあと、演説の末尾「われらは屈しない。われらの声は消えない。祖国か、死か。」が高らかに宣言されるところで、エルネストは天に拳を振り上げる。照明は彼をさらに絞り、やがて暗転する。中低音が力強く響く轟悠の歌唱も相乗的な効果を醸し出し、舞台上ではエルネストを熱く演じる轟悠が強烈かつ圧倒的な存在感を放っている。轟悠が演じるのは情熱的な役柄が多いのだが、ここまでの熱度を放つ演技は近年の作品のなかでも群を抜いている。

 そしてこの作品における革命のありかたを考える上で大切なのは、この直後にハバナ郊外ののどかなサトウキビ畑に場面が移る点である。農民たちはサトウキビの収穫をしながら、口々にエルネストの演説について感想を言い合っている。その会話の端々からエルネストは休日になると、収穫を手伝いにこの農場に来ていることがわかってくる。大臣になっても常に民衆とともにいる彼の姿が、農民の会話の中でさり気なく描かれる。この一連の場面は緊張感あふれる演説と、のどかなサトウキビ畑の緩急が絶妙で、観客もリラックスできると同時に、エルネストが国際的な舞台ばかりではなく、絶えず民衆とともにいたことが理解できるという意味においても重要である。

 最終的にエルネストは外交問題をめぐってフィデルと対立するが、革命の同志としての精神的なつながりを確認したのち、新たな革命を目指してボリビアへと旅立つ。以後、アンデス山脈のチューロ渓谷での戦闘、イゲル村での収監、そしてエルネストの処刑へと舞台は一気に進んでいく。この一連の場面はかなりの速度をもって展開され、最終的にはエルネストが終生持ち合わせた革命への飽くなき執念が焦点化されていく。そのことが印象的に語られるのはエルネストの銃殺による処刑の場面以後である。

 ボリビア政府軍のセルニチ大佐(光月るう、バティスタと2役を兼ねる)が率いる兵士に銃口を向けられ、エルネストは何も持たずに堂々と立つ。震えが止まらないボリビア兵を前に、エルネストは「おまえの前にいるのはただの男だ。」「よくねらえ、怯むな。」と相手を落ち着かせるような口調で、しかし力強く語りかける。轟悠の堂々とした立ち姿が印象的だ。やがて銃声が響き渡り、エルネストはゆっくりと崩れ落ちる。照明は死んだエルネストを当てている。やがて舞台にフィデルが立ち、エルネストからの手紙をキューバ国民の前で読む。その中には子どもを抱いたアレイダもいる。手紙には「祖国か死か」といった国連総会の演説の言葉が用いられ、フィデルとともに歩んだ革命への思いが綴られている。この場面はキューバ危機後、袂を分かつことになっても、二人が成し遂げた革命そのものは永遠であることを告げている。そののち、エルネストは立ち上がり、最後のナンバーを歌う。

 「俺の志は、果てることなく続く。永遠にいつまでも。」

 エルネストと背後に設置された階段に照明が当てられている。彼は階段を登り、舞台奥の扉の向こうに去って行く。扉の向こう側に未来を予感させる舞台装置(松井るみ)が秀逸だ。そして舞台上のスクリーンでは以後の世界の出来事、人々の様子が映し出されている。その中には天安門事件(1989)、ベルリンの壁崩壊(1989)の写真もあった。今年(2019年)6月になって起きた逃亡犯条例改正案に反対する香港の大規模なデモが、もしこの中に続いて映し出されても全く違和感がなかっただろう。思えばアメリカとキューバとの国交回復はオバマ政権下の2015年7月、フィデル・カストロの死は2016年11月。まだまだ最近の話である。この作品が打ち出すテーマは、それほどまでに現代の世界情勢に迫ろうとしている。

  もし私たちが空想家のようだといわれるならば、
  救いがたい理想主義者だといわれるならば、
  できもしないことを考えているといわれるならば、
  何千回でも答えよう。
  「その通りだ」と。

 舞台の最後にスクリーンに投影されたエルネストの名言だ。このメッセージが示すように、この作品は徹底して革命を語ってきた。そしてエルネストの民衆とともにあろうとする意識、そして革命への飽くなき執念が処刑以後の場面には凝縮されている。それゆえ、この作品はわれわれが抱くあの「チェ・ゲバラ」の英雄譚ではなく、「ただの男」が抱いた未来へと続く革命の志そのものを克明に描き出していたことがわかるのだ。

3 宝塚歌劇団と「ゲリラもの」――『チェ・ゲバラ』成功の三つの要因

 実は『チェ・ゲバラ』以外にも、宝塚歌劇団作品でキューバ革命とキューバ危機が言及された作品がある。小池修一郎『JFK』(1995、雪組)である。『エリザベート』(1996、雪組)で一躍有名になる直前の小池修一郎が手がけた作品だ。ジョンソンとの民主党大統領予備選、ニクソンとのTV討論会を中心とした大統領選、そして大統領就任、ダラスでの暗殺までがケネディ(一路真輝)とジャックリーヌ(花總まり)の恋愛を軸に展開されている。作品中、ケネディがニュー・フロンティア政策を訴えるナンバーのなかで、キューバ革命が歌詞に登場する。そして彼の大統領就任後には、実際にフルシチョフとカストロが舞台に登場し、サトウキビをめぐりキューバがソ連へと接近する様子、さらにはキューバ危機の様子も描かれている。このような場面だけをみてみると『JFK』もかなり政治に踏み込んだ作品のように思える。しかし、この作品で最も印象に残るのはケネディがジャックリーヌにプロポーズをするときに歌う「アポロ」というナンバーである。アポロ計画をモチーフにジャックリーヌへの思いを歌うこのナンバーは作品の幕切れでもう一度ケネディによって歌われる。このことからも分るように、小池修一郎はあくまで二人の恋愛を軸にケネディの生涯を描こうとしている。

 この小池修一郎『JFK』と原田諒『チェ・ゲバラ』を比較してみると、二作品はともに歴史上の政治にまつわる人物の評伝という形式、そして恋愛と政治といった物語構造をとっており、非常に似た作品であるように思える。しかし、小池修一郎は恋愛へ、原田諒は革命へというように作品が最終的に訴えかける主題としては対照的な着地点を見出している。宝塚歌劇団作品のお約束であるトップスターとトップ娘役のロマンチックな恋愛を描くことを守っているのはもちろん小池修一郎の方である。この点から考えてみるに原田諒『チェ・ゲバラ』がエルネストとアレイダ、ルイスとレイナという恋愛の軸を二つも出しておきながら、いずれをも中心に据えることなく、最終的に作品全体を革命に焦点化していったことがいかに冒険的であったのかがわかるだろう。

 また宝塚歌劇団作品でハバナと言えば、ミュージカルの名作『ガイズ&ドールズ』(1950)を挙げることができる。近年では2015年の星組公演で、プレイボーイのスカイを北翔海莉、救世軍の娘でお堅いサラを妃海風というキャスティングで上演された。この作品ではハバナの開放的な雰囲気にお酒も手伝って、ついつい気が緩んだサラがスカイにキスをしてしまう場面があり、ストーリー展開でも重要なポイントとなる。ただ時代設定は1948年頃で、アメリカ資本がキューバを本格的に侵略する前夜のハバナであり、キューバ革命が起こる10年も前の話だ。この作品においてハバナは単に陽気で開放的な土地柄として描かれているだけだ。

 このハバナという都市に、原田諒は革命の物語を読み込む。これは『ガイズ&ドールズ』がハバナに陽気さを読み込んでいたとは真逆の方向である。さらに言えば「ゲリラもの」という作品の内容からして先述したように、宝塚歌劇団のきらびやかさとも真逆の方向であると言ってもいい。

しかし、恋愛ではなく革命を描く冒険、そして「ゲリラもの」といったきらびやかさと真逆な方向性を打ち出した特異な『チェ・ゲバラ』が今回成功したのは、以下に述べる三つの要因が重なったからである。

 第一に原田諒が歴史もの、評伝ものを追究する劇作家であるという点である。近年、原田諒が手がけた宝塚大劇場公演作品を挙げてみても、『ベルリン、わが愛』(2017、星組)ではナチス政権下における映画と政治の関係が、『MESSIAH ―異聞・天草四郎―』(2018、花組)では天草四郎と民衆のつながりが中心に描かれていた。特に『ベルリン、わが愛』の舞台上にはハーケンクロイツが登場する場面があり、ナチス政権の圧力を直接的に印象づけていた。またバウホール公演『ロバート・キャパ 魂の記録』(2012、宙組)、別箱公演(宝塚大劇場、東京宝塚劇場以外での公演)『For the people―リンカーン 自由を求めた男―』(2016、花組)などは、今回と同じく実在する歴史上の人物を描いている。これらの作品に通底するのは主人公を単なる偉人としてではなく、民衆とのつながりにおいて表現している点である。この民衆とのつながりというのは、原田諒がことのほか重視している点だ。ボリス・パステルナーク『ドクトル・ジバゴ』(1957)を原作とする『ドクトル・ジバゴ』(2018、星組)においても、ロシア革命の混乱を、医師ユーリが関係を持った民衆の視点から描こうとしていた。これらの作品に読み取れる主人公と民衆の関係は、今回の『チェ・ゲバラ』にも見事に描かれている。

 第二に専科所属である轟悠とのコンビネーションの絶妙さである。原田諒と轟悠のコンビは『For the people―リンカーン 自由を求めた男―』(2016)、『ドクトル・ジバゴ』(2018)とそして今回『チェ・ゲバラ』(2019)で3本目になる。これら3本のそれぞれのテーマ――奴隷解放、ロシア革命、キューバ革命を轟悠は熱く演じている。そもそも轟悠の「男らしさ」は雪組時代から定評があった。特に『エリザベート』初演時(1996、雪組、トートは一路真輝)のルキーニは絶品で、観劇したウィーンのスタッフたちが「男以外に見えない」と言う感想を口にしたという逸話が残されているほどだ。雪組トップ時代(1997~2001)だけでも植田紳爾『風と共に去りぬ』(1998)のレット・バトラー、柴田侑宏『凱旋門』(2000)のラヴィックなどリアルな男を強烈に感じさせる印象的な役柄が多い。

 手許のパンフレットを確認するに、私が轟悠を初めて観たのは植田紳爾『この恋は雲の涯まで』(1992、雪組)である。亀井六郎役で、若々しく端正な姿が印象的であった。その後、強烈な印象を残したのはなんといっても先述の小池修一郎『JFK』(1995、雪組)のキング牧師である。教会の演壇で「私には夢がある」というフレーズの歌唱によって演説を表現する場面はゴスペル風の音楽もあいまって圧巻で、これは今現在に至るまで轟悠の屈指の当たり役である。『チェ・ゲバラ』のエルネスト(特に国連総会での演説の場面)は、このキング牧師にその淵源を確認することができるはずだ。この男役のリアリティは原田諒が描く「熱い」キャラクターによってさらに加速し、これまでタッグを組んだ3作品において、入団35年を迎えようとする轟悠の新たな可能性が開拓された感がある。

 第三に別箱公演であったという点である。今回は宝塚大劇場、東京宝塚劇場での本公演と違い、月組のトップである珠城りょうと美園さくらが不在の公演であった(この2人は梅田芸術劇場での月組公演『ON THE TOWN』に出演中であった)。そのために専科の轟悠を起用し、本公演では上演できないであろう「ゲリラもの」を取り上げるなど大胆な試みが可能な状況であった。宝塚歌劇団で定番とも言えるトップスターと娘役のロマンチックな場面を、この2人が不在なために可能な限りそぎ落とし、革命そのものを強力に打ち出すことができたのは、このような興業形態にも要因がある。

 以上の3点が宝塚歌劇団としては特異な『チェ・ゲバラ』を成功に導いた要因と考えられるだろう。そして何よりも今回の大きな収穫はフィデル役の風間柚乃の完成度である。昨年の『エリザベート』(2018、月組)で、月城かなとの代役としてルキーニを務めてから、ひときわ大きな存在感を放つようになった。私はこのルキーニを観て風間柚乃に大きな魅力を感じた。続く齋藤吉正『夢現無双―吉川英治「宮本武蔵」より―』(2019、月組)の又八、そして今回『チェ・ゲバラ』のフィデルも同じく月城かなとの代役であるが、そのたび毎にしっかりとした成長を見せている。いずれの代役も歌唱と演技ともに安心して観ることができた。そればかりか、今回のフィデル役では轟悠と互角の雰囲気を漂わせていた点に末恐ろしさを感じるほどだった。特に第2幕の外交問題をめぐって2人が対立する場面で、風間柚乃は轟悠と明らかに互角に渡り合っていた。轟悠(71期)と風間柚乃(100期)のあいだには実に29年のキャリアの差があるが、それをまったく感じさせない役づくりには驚嘆しかない。今後の飛躍が楽しみな逸材である。

結 宝塚歌劇団の最前線――原田諒の戦略と轟悠のリアリティ

 また今回の原田諒『チェ・ゲバラ』を観て思うのは、宝塚歌劇団作品はそもそも民衆の視点を持ち合わせていたのではないか、という根本的な問題である。それぞれの組の構成員が80名近い宝塚歌劇団は、勢い群衆劇になる要素を劇団のシステム上抱え持っている。そのような視点から考えれば、植田紳爾『ベルサイユのばら』(1974)のクライマックスとなるバスチーユの場面は、「シトワイヤン、行こう!」によって扇動される市民たちが中心となっている。また『エリザベート』(1996)の「ミルク」はミルク不足であるにもかかわらず、美容のためにミルク風呂に入っているエリザベート皇后に対する民衆の怒りが沸点に達する場面だ。近年とみに注目される上田久美子の秀作『神々の土地―ロマノフたちの黄昏―』(2017、宙組)もまたロマノフ王朝と民衆の対立を見事に描いた作品だ。このように宝塚歌劇団作品において革命が語られる場合、民衆の対立項として貴族社会を想定し、そこにおける恋愛が軸となる作品が圧倒的に多い。

 このような作品のなかで、原田諒の作品が実に特異なのは、民衆の視点を極端なまでに重視している点である。いいかえれば、これまでの宝塚歌劇団作品の物語構造をしっかりと踏襲しながら、着地点として主人公と民衆とのつながりが強調される点である。このような手法から紡ぎ出される主人公は、英雄としての姿ではなく、等身大としての「ただの男」である。原田諒と轟悠が作り上げた前述の3作品は、原田諒の戦略と、轟悠が志向する男役としてのリアリティが見事に交叉し、いずれもこの「ただの男」を描くことに成功している。

 貴族社会や英雄を描かない。確かにこのような作劇法は宝塚歌劇団において、類例を見ない。しかし、この二人が切り開こうとしている領域に、全く不満などなく、そればかりか大きな可能性を積極的に感じてしまうのは、常に民衆に寄り添うあたたかさが作品全体をおおっているからであろう。そこにこそ現在における宝塚歌劇団の最前線があるはずだ。『チェ・ゲバラ』で達成したこのあまりにも果敢な挑戦を、今後も見続けたいと思う。

(宝塚歌劇団月組公演『チェ・ゲバラ』日本青年館、2019年7月30日~8月5日、梅田芸術劇場シアタードラマシティ、8月11日~19日)