垣尾優×ジュン・グエン=ハツシバ×松本雄吉「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。」(それとも私の体がグログロするからそう見える?)”My Home is Shivering and Changin.”(or is it Me and my Body Wriggling?)」Bプログラム
2/21(金)〜23(日)アートシアターdB神戸 3,300円
国内外での活躍が目覚ましいパフォーマンス・グループ「contact Gonzo」のメンバーである塚原悠也がプログラム・ディレクターを務める国際共同制作作品。島と海の歴史や航路のあり方への多大な興味を作品化する維新派の松本雄吉、ベトナム人の父と日本人の母を持ち、船や走ることをモチーフに作品を制作してきた現代美術・映像作家ジュン・グエン=ハツシバ、contact Gonzoの創始者であり、ダンサーとしても国際的に活躍する垣尾優の三者によるコラボレーション企画。今福龍太の著作などをヒントにここ数年、松本雄吉と塚原の間で交わし、徐々に構成された。このほかアニマルポップ・ファミリー×QUICK(MuDA)×DJ $hinによる新作も同時上演。

マームと誰かさん・よにんめ 穂村弘さん(歌人)とジプシー(構成・演出:藤田貴大)
2/28(金)〜3/2(日) VACANT 3,500円
マームとジプシーの藤田貴大が2012年5月〜7月にかけて、多ジャンルの作家(音楽家・大谷能生さん、演出家・飴屋法水さん、漫画家・今日マチ子さん)との共作を毎月発表したのが「マームと誰かさん」シリーズ。今回は4人目として歌人の穂村弘と共作する。出演は青柳いずみ。マームとジプシーの本公演は何度も見てきたがこのシリーズは東京に引っ越し後初めての公演となり、どんなものを見せてもらえるかが楽しみで仕方がない。

<SNAC パフォーマンス・シリーズ 2013 vol.5> nuiaq workshop project「strings − Woyzeckを編んで」(演出:岡本真理子)
2/18(火)〜23(日) SNAC 3,000円
暮らしの中での手作業──編む 織る 縫う──などの手芸を通してひととその輪郭を辿るワークショップ・プロジェクト手芸と身体、その作業の過程に焦点をあて、手芸制作・展示・パフォーマンスを行う。ひとびとの手で編まれた身体を包むニットのように、暮らしの中の行為と物語が並行し交差して織りだされていく瞬間。出演は入手杏奈、井上 美和子、岡本 真理子、白井 剛、井上 裕二ら。

中西理