ネオ・オペラ『マダムバタフライX』(原作=プッチーニ 構成・演出=宮本亜門)
11/10(土)〜 18(日) 神奈川芸術劇場(ホール) 8,500〜4,250円
プッチーニ『蝶々夫人』を宮本亜門が解体してネオ・オペラとして再構成する。近年オペラ演出に意欲的な宮本ゆえこの公演は期待できる。

パルコ・プロデュース公演『こどもの一生』(作=中島らも 演出=G2)
11/4(日)〜 25(日) パルコ劇場 8,000円
中島らもの伝説的作品を再演。笹本玲奈、山内圭哉など個性的な俳優から吉田鋼太郎といったベテランまで役者陣はずらりと揃った。

F/T公演『言葉』(演出=村川拓也)
11/8(木)〜 11(日) 東京芸術劇場シアターイースト 3,000円
昨年の公募プログラム『ツァイトゲーバー』で衝撃的なインパクトを与えた村川が今回は主催公演で登場。繊細な舞台に期待したい。

嶋田直哉