新国立劇場主催公演『コジ・ファン・トゥッテ』(作曲=モーツァルト 指揮=ミゲル・A・ゴメス=マルティネス 演出=ダミアーノ・ミキエレット)
5/29(日)?6/11(土) 新国立劇場(大劇場) 23,100〜1,500円
原発問題の影響により外国人歌手、指揮者まで変更。波乱含みではあるがマルティネスの指揮は大いに期待。新制作ということもあり注目度は高い。
パルコ・プロデュース公演『幽霊たち』(原作=ポール・オースター 構成・演出=白井晃)
6/14(火)?7/3(日) パルコ劇場 7,500円
ポール・オースターの初期代表作を白井晃の演出で舞台化。小野寺修二の振付によりかなりスタイリッシュな舞台になるだろう。
CATプロデュース公演『ノイゼス・オフ』(作=マイケル・フレイン 翻訳=小田島恒志 演出=千葉哲也)
6/9(木)〜26(日) あうるすぽっと 5,900円
演出にますます磨きがかかる千葉哲也に期待。役者としても登場します。佐藤オリエ、成河(ソンハ)などキャストも豪華。このような布陣でマイケル・フレインの作品が観られるのは何よりも楽しみ。
嶋田直哉