タグアーカイブ: 歌舞伎

小空間での「言葉」—劇団潮流『手紙の掏摸/第一の春』/缶の階 舞台編『ヒーローに見えない男/缶コーヒーを持つ男』客席編『椅子に座る女/椅子を並べる男』── 星野明彦

  劇団潮流『手紙の掏摸』作=長谷川伸、演出=藤本…
続きを読む »

気分を演出するレヴューとしての革命アイドル暴走ちゃん、または、日本人はいかにして季節感を失い、クソ真面目だけがとりえの国民になっていったか /日比野啓

  革命アイドル暴走ちゃん 新春特別公演『うぇるか…
続きを読む »
12