柿喰う客・女体シェイクスピア004『失禁リア王』(作=ウィリアム・シェイクスピア、脚色・演出=中屋敷法仁)
9/5(木)〜17(火) 吉祥寺シアター 4,500〜5,500円(他に各種割引料金あり)
女体シェイクスピア第4弾。どんな失禁舞台になることやら。新良エツ子が出るってことは歌ががっつりあるってことでそこも楽しみ。

abc赤坂ボーイズキャバレー裏FINAL!『最後の充電!〜自分に喝を入れて勝つ!』(脚本・演出=堤泰之)
9/4(水)〜8(日) 博品館劇場 5,500円
abc表FINAL!『最後の放電!』のスタッフルームで起こったお話。毎回必ず表と裏がある。でも、表を観てなくても楽しめるつくり。小劇場劇団の雰囲気を若手イケメンを使って表現。2010年から4回続いたシリーズもとうとう最終回。小谷嘉一の出演が嬉しい。

『ジャンヌ』(作=バーナード・ショー、演出=鵜山仁)
9/5(木)〜24(火) 世田谷パブリックシアター 3,800〜7,500円
活躍めざましい馬場徹の出演、そこが楽しみ。他に伊礼彼方も出るし。あとは観てみないとわからない。

関島弥生