パルコ・プロデュース公演『欲望という名の電車』(作=テネシー・ウィリアム
ズ 訳=小田島恒志 演出=松尾スズキ)
4/12日(火)〜5/1(日) パルコ劇場 7,700円
昨年は『農業少女』も素晴らしかった松尾スズキ演出。狂気をどのように描
くのかが楽しみな公演。秋山菜津子のブランチに注目したい。
新国立劇場主催公演『ゴドーを待ちながら』(作=サミュエル・ベケット 訳=
岩切正一郎 演出=森新太郎)
4/15(金)〜5/1(日) 新国立劇場(小劇場) 1,500?5,250円
新訳での上演。演劇集団円公演、モナカ興業公演をはじめ多くの演出を手が
ける森新太郎。新国立劇場本公演に初登場。スタイリッシュな演出に期待し
たい。
新国立劇場主催公演『ばらの騎士』(作曲=リヒャルト・シュトラウス 指揮=
クリスティアン・アルミンク 演出=ジョナサン・ミラー)
4/7(木)〜22(金) 新国立劇場(大劇場) 1,500?23,100円
新日本フィルが新国立劇場に初登場。以前の演奏会形式も水準が高い演奏
だったので今回も期待大。ジョナサン・ミラーの演出は奇を衒わず、オーソ
ドックスなもの。この作品は無理な読み替えよりも、ほんの少しだけひねり
のある演出がちょうどいい。
嶋田直哉