ヤン・ファーブル『Another Sleepy Dusty Delta Day – またもけだるい灰色のデルタデー』(テキスト・演出・舞台美術=ヤン・ファーブル)
9/18(土)− 20(月・祝) 愛知芸術文化センター 小ホール 5,000円
98年のアヴィニョン演劇祭で発表された女性のソロダンスパフォーマンス。ヤンにしてはかなり繊細な作風というので、それはそれで期待を裏切るヤンらしいかも。
サンプル『自慢の息子』(作・演出=松井周)
9/15(水)-21日(火) アトリエヘリコプター 3,300円
さいたまゴールドシアターへの書き下ろし『聖地』がなかなか面白かったので、サンプルの方にも期待大。
新国立劇場『ヘッダ・ガーブレル』(作=ヘンリック・イプセン 演出=宮田慶子)
9/17(金)− 10/11(月) 新国立劇場小劇場(初台) 6,300円
長島確がノルウェー語から新訳した台本を、宮田がどう料理するか注目。
柾木博行