アーカイブ: 新野守広

新野守広

イディオ・サヴァン、死者の怒り、そしてかすかな希望――『傾いでいる、筆先に佇てなんていうものだから。つまり、転んでいよう、人生が。』(作・演出・振付:恒十絲)評 /新野守広

IDIOT SAVANT  『傾いでいる、筆先に佇てなんてい…
続きを読む »