劇団扉座『バイトショウ』(作・演出・作詞= 横内謙介、音楽監督・作曲・ピアノ演奏=深沢桂子)
10/16(水)〜27(日) 座・高円寺1 4,500円
過去2年間、落語を元ネタにした人情劇を座・高円寺で上演してきた扉座。今回はうってかわって、『I Got Merman』などを手掛けた音楽家深沢桂子とともに新作ミュージカルを上演する。

SPAC『サーカス物語』(作= ミヒャエル・エンデ、演出=ユディ・タジュディン)
10/19(土)〜11/3(日) 静岡芸術劇場 4,000円、学生2,000円、高校生以下1,000円
3年前の『南十字☆路』で静岡芸術劇場のカフェに東南アジアの雑踏を現出させたインドネシアの俊才ユディ・タジュディン。今回はSPACの俳優を使ってM.エンデの作品をもとに新作を作りあげる。

劇団ヨハンジャ『ペール・ギュント』(原作=ヘンリク・イプセン、演出=ヤン・ジョンウン)
10/26(土)・27(日) 新国立劇場・中劇場 3,000円、学生1,500円
日中韓の3カ国の演劇人による演劇祭BeSeTo。20回目を迎えた今年は東京開催ということで、韓国BeSeTo委員会代表のヤン・ジョンウンは自身の率いる劇団ヨハンジャ(旅行者)の代表作を上演。新国立の中劇場を存分に使ったダイナミックなステージングに期待。

柾木博行