石井光三オフイス「オーデュボンの祈り」(原作=井坂幸太郎、脚本=和田憲明、演出=ラサール・石井)
9/30(金)〜 10/12(水) 世田谷パブリックシアター 6,800円
筒井道隆、小林隆、陰山泰、町田マリーと渋いキャストが揃っているし、なによりラサール・石井の演出力は一級品だ・・。
「四つ子の宇宙」(作・演出・出演=岩井秀人(ハイバイ)・江本純子(毛皮族)・松井周(サンプル)・前田司郎(五反田団))
10/1(土)〜 16(日) アトリエヘリコプター 3,500円
上記30代後半の世代の優駿が競い合う好企画だ・・・。
劇団民藝「カミサマの恋」(作:畑澤聖悟、演出:丹野郁弓)
10/5(水)〜 19(水) 紀伊国屋ホール 6,300円
新劇の名門民藝が畑澤に注目したのはエライし、主演奈良岡朋子の父は津軽出身の画家だから、奈良岡も疎開していたし、津軽口語の台詞がどう生きるか興味深い期待作だ……。
江森盛夫