唐組『西陽荘』(作・演出=唐十郎)
10/1(土)〜 30(日) 紅テント(井の頭公園&雑司が谷鬼子母神) 3,500〜3,600円
唐組秋の公演は久しぶりの新作公演。この秋は「大唐十郎展」など唐の暴れる季節か。
劇団民芸『カミサマの恋』(作=畑澤聖悟・演出=丹野郁弓)
10/5(水)〜 19(水) 紀伊国屋ホール(新宿)3,150〜6,000円
弘前在住の劇作家が新劇団の老舗に書き下ろす。奈良岡朋子をどう活かすのかが注目。
錬肉工房『現代能 春と修羅』(原作=宮澤賢治・演出=岡本章)
10/8(金) 明治学院大学・アートホール(白金高輪) 無料
震災後、何故か宮澤賢治が流行る。この危機の時代に現代能は何を召喚し鎮魂するのか。
西堂行人