維新派『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』(作・演出=松本雄吉)
12/2(木)〜5日(日) 彩の国さいたま芸術劇場大ホール(与野本町)3,000〜5,000円
夏に瀬戸内犬島で初演された野外劇の室内版。「<彼>と旅をする20世紀三部作」完結編。
『アジアン・スイーツ』(作・演出=鄭義信)
12/7(火)〜9(木) シアターBRAVA(大阪城公園) 5,500円
実は下北沢ザ・スズナリで見たのだが、あまりに素晴らしいので大阪でも見ることにした。 
NYLON100℃『黴菌』(作・演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
12/4(土)〜26日(日) シアターコクーン(渋谷)7,500〜9,500円
昭和のレトロが漂うチラシには、少年を除いてすべての人たちが死んでいる。
西堂行人