維新派『台湾の灰色の水が背のびをしたとき』(作・演出=松本雄吉)
7/20(火)− 8/1(日) 犬島精錬所跡・野外特設劇場(岡山県犬島) 4,500円
秋にはさいたま芸術劇場でも上演されるが、やっぱり維新派は開放的なこの季節に、野外ならではのダイナミックなパワーを味わいたい。
『吾妻橋ダンスクロッシング2010』
7/16(金)− 18(日)浅草・アサヒ・アートスクエア 3,500円
桜井圭介プロデュースによるダンス・パフォーマンスのショーケース・シリーズ。今回はチェルフィッチュ、飴屋法水、off-Nibrollらが参加するほか、KENTARO!!が日ノ出桟橋から会場のある浅草までの水上バスで踊る企画も楽しみ。
シアター・リフレクション『箱とジョージさん』
7/17(土)− 19(月・祝)座・高円寺・阿波おどりホール 2,500円
座・高円寺が夏に子ども向け作品を取り上げる「あしたの劇場」参加作品。昨年も来日したシアター・リフレクションはデンマークの人形劇団。シンプルな作りだが、人生の意味を考えさせられる深さも併せ持つ。
柾木博行