青☆組「恋女房達」(作・演出=吉田小夏)
6/3(木)− 8(火)アトリエ春風舎 2,700円
吉田の舞台は一作々楽しい工夫がある。それに芝居も奥が深くなってきた。
「夢の痂」(作=井上ひさし、演出=栗山民也)
6/3(木)− 20(日)新国立劇場 5,250円
この舞台を観たら井上ひさしの芝居はしばらく観られないだろう。意をこめて観よう。
モナカ興行「木をめぐる抽象」(作=フジノサツコ、演出=森新太郎)
6/2(水)− 8(火)こまばアゴラ劇場 2,500円
モナカ興行は初めてだが、めきめき腕をあげている森の演出に期待。
江森盛夫