文学座文『父帰る/おふくろ』(作=菊池 寛・田中千禾夫、演出=江守 徹)
3/19(月)〜4/2(月) 文学座アトリエ 4,300円
この超古典の江守徹演出、なんだか理由もなくわくわくするのはナゼ?
『ピーター・ブルックの魔笛』(原曲=モーツァルト、演出=ピーター・ブルック)
3/22(木)〜3/25(日)彩の国さいたま芸術劇場(与野本町)3,000〜8,000円
久しぶりのピーター・ブルックのモーツァルト、日本の舞台に疲れた目を洗いなおしてもらえそう。
MODE『満ちる』(作=竹内銃一郎、演出=松本修)
3/22(木)〜 31(土)座・高円寺1 2,500円〜4,000円
招待状の松本修の添え書き”すまけいさんががんばっています。とても面白い良いものになると思います”。額面どうりに期待できるぞ!
江森盛夫