[第三次]シアターアーツ 47号 2011夏 6月25日発売
[第三次]シアターアーツvol47.2011夏
特集「3.11に遭遇した劇現場」
震災による惨事へのAICT日本センターからのメッセージ/西堂行人
公開フォーラム──震災後の演劇を語る/石川裕人×永井愛×内田洋一×西堂行人
[論考]
 福島で生きる私たちの未来──演劇教育のこれまでとこれから/石井路子
 大震災に揺れた劇場/柾木博行
 3月11日は初日だった。/三浦基
 物語は人間が作るのか、それとも勝手に上から来るのか──野田秀樹のカルト三部作と三月十一日/野田学


[連載]
[舞台時評]東日本大震災を経て”国民の演劇”とは?──『国民の映画』『レ・ミゼラブル』/高橋豊
[演劇時評]演劇と社会──震災以前/以後を考える/嶋田直哉
[小劇場時評]芸術で救われるべき1%の人間はどこにいるか/藤原央登
[関西からの発言]東日本大震災と関西演劇/正木喜勝
[世界の演劇から]歴史を生き抜く──演劇の生命力 第14回ヨーロッパ演劇賞報告 立木─子
[舞台人クローズアップ]最後のアングラ女優 銀粉蝶 /江森盛夫
[劇評]
心身の「鎧」から突出しようとする「個の力」──高嶺格『Melody Cup』/原田広美
ドキュメンタリー演劇における演技についての考察──リミニ・プロトコル『ブラック・タイ』が開く空間/古後奈緒子
ヘドロに満ちた劇場で── 中津留章仁lovers『黄色い叫び』/堀切克洋
[コラム]徐々に揺れがおさまるなかで──『わが星』『散歩する侵略者』『変身』『四畳半襖の下張り』/新野守広
[上演テクスト]
『どんとゆけ』『あしたはどっちだ』
 作・解説=畑澤聖悟