渡辺源四郎商店「ヤナギダアキラ最期の日」(作・演出:畑澤聖悟)
5月2日(日)ー5日(水) ザ・スズナリ 3,000円
渡源の芝居は全く予測がつかないもので、毎回驚かされる。今回はなにが出てくるかワクワクする。
「夢の泪」(作:井上ひさし、演出:栗山民也)
5月6日(木)ー23日 新国立劇場 5,250円
第一部「夢の裂け目」はクルト・ヴァイルの曲に痺れた。今回もヴァイルの曲を楽しみにして、井上さんを偲びたい。
グループる・ばる「高橋さんの作り方」(作:土屋理敬、演出:鐘下辰男)
5月14日(金)ー23日 あうるすぽっと 4,500円
土屋の○○さんものは独特の切り口の社会批評で面白い。まして今回は演出が鐘下だ。期待はふくらむ。
江森盛夫