Print Friendly, PDF & Email

台風24号の接近に伴い、ご来場者の安全に鑑み、以下のように予定しておりました9月30日(日)18時~@座・高円寺の劇評講座を中止とさせていただきます。お詫びいたしますともに、どうか御理解を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

台風に備えて皆様もどうぞお気を付け下さい。

シアターアーツ編集部


「社会派作家/演出家までの道のり-シライケイタ氏を迎えて-」

  • 日時:2018年9月30日(日)、18時スタート
    (18:30まで映像作品の上映。トークはその後に開催)    
  • 場所:座・高円寺 地下3階 けいこ場2
  • ゲスト:シライケイタ(俳優・演出家・劇作家/劇団温泉ドラゴン)
  • 聞き手:西堂行人(演劇評論家・国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会員・明治学院大学教授)
  • 主催:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター/シアターアーツ
  • 協力:座・高円寺
  • 受講料:500円(当日お支払い、予約不要)
    国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会員=無料

社会的なテーマを持つ作品を創作しているシライケイタ氏。
俳優として出発した氏は、やがて劇作と演出を手がけて劇団温泉ドラゴンを率い、
さらに韓国演劇と出会ったことでアジアの歴史問題にも目を注ぐようになりました。
しだいに活動の幅を広げ、現在の創作スタンスを確立するまでに至った道のりをお聞きします。

ゲスト略歴

シライケイタ
シライケイタ氏

シライケイタ氏

1974年7月6日生まれ。東京都出身。
劇団温泉ドラゴン代表。

桐朋学園芸術短期大学演劇専攻在学中、蜷川幸雄演出の「ロミオとジュリエット」パリス役で俳優デビュー。2011年より劇作と演出を開始。

社会的なテーマを扱うオリジナル作品から、映画や小説の舞台化など幅広い創作活動が特徴。生と死を見つめた骨太な作品作りに定評があり、2015年には韓国ツアーを成功させるなど、活動は国内にとどまらない。現代の日本演劇界において最も注目を集める作・演出家の一人。



【受賞暦】
2013年 日本演出者協会若手演出家コンクール2013 優秀賞および観客賞(『山の声』)
2015年 韓国・密陽(ミリャン)国際演劇祭 戯曲賞(温泉ドラゴン韓国ツアー『birth』)
2018年 第25回読売演劇大賞「杉村春子賞」(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(若松プロダクション)、『袴垂れはどこだ』(劇団俳小)の演出において)

2018年度より、セゾン文化財団シニアフェロー。
日本演出者協会常務理事。日韓演劇交流センター理事。