キューブ&コクーン『祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜』(作・演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
12/9(日)〜30(日)  シアターコクーン 9,500〜5,000円
ケラリーノ・サンドロヴィッチ最新作。ケラが得意とする三姉妹もの。ナイロンのメンバーからベテランまで。役者陣は揃った。今回も上演時間が長そうだ。

東京芸術劇場『トロイアの女たち』(作=エウリピデス、演出=蜷川幸雄)
12/11(火)〜20(木) 東京芸術劇場プレイハウス 10,000〜6,000円
テルアビブ市立カメリ・シアター国際共同制作作品。日本語、ヘブライ語、アラビア語上演と異種混交な言語が入り交じるギリシャ悲劇を蜷川がどのように演出するのか。イスラエルでも連続上演される予定。役者陣では白石加代子に注目したい。

シスカンパニー『TOPDOG/UNDERDOG』(作=スーザン・ロリ・パークス、演出=小川絵梨子)
11/30(金)〜12/28(金) シアタートラム 6,800円
千葉哲也と堤真一の二人芝居。現代アメリカ演劇に精通し翻訳までこなす小川絵梨子がこの二人をどのように演出するかに注目したい。

嶋田直哉